遅寝遅起き夜ご飯

文章力と語彙力がないオタクがぐだぐだ感想書いてるところ。

オリピ08とAUTUMN!発売日

担当のCDが本日!発売!!されます!!!(フラゲしました)

ネタバレ等あります。オリピに関してのいろいろ都合の良い解釈や批判みたいなものも含まれますのでご注意を。

 

 

何も言わず良曲良盤なのでポチってください聞いた人がいいって言ってます

 

THE IDOLM@STER SideM ORIGIN@L PIECES 08

THE IDOLM@STER SideM ORIGIN@L PIECES 08

 

 

まずはAURUMN!について。

いい曲ばっかりですよね…

秋風に手を振っては視聴の時から大好きで、試聴の段階でボロボロ泣いてました。

本当にいい曲頂いたな、って。

あとは亜季さんの声が好きすぎてかっこよくてマジヤバなのでさよならアンドロメダ聞いてください

 

 

ドラマの内容はそっとしておいてやってください…

ロックの基準もう少ししっかりしないと、いつかズバズバ言われるよ…夕美ちゃんと有香ちゃんPにお礼しにいこうな…

昨日のしんげきもそうですが、この子はこういう子なんですええ…かわいいでしょ…

でも彼氏役やばくないです…?かっこよくて死ぬかと思ったけどこれ「夏樹のまねしてるんじゃね?」って思った瞬間スン…ってなりました(個人の考えです)。

 

早くギター弾けるようになろうね…ピック投げたいんでしょ…

ギタリスト役って聞いて笑ってしまったのは許してねりーな

 

 

 

 

さて、MASTER SEASONSの話はこのあたりにして。

冬美旬のソロが発売されました。

 

作詞担当の方にSideMの方で良い思い出があまりなかったので夏来の曲が発売されたときから本当に試聴を迎えるのも苦痛で、怖くて仕方ありませんでした。

2次元キャラのたかがキャラソンに何を夢見てるのか、って感じは否めないですけどね。

でも、アイドルとしてみてるからこそ、自分個人を歌った曲ではなく、アイドルの曲を歌って欲しかった。

創造は始まりの風を連れて この曲とか特に好きなんですけどね…

2ndアニバBookに作詞者のインタビューが載っているので興味のある方は一度読んでみてください。

 

担当贔屓したとしても、すきになれないだろう、って思ってて。

前にも書いたのですが、トワスカが良曲良曲って言われてて。

やっぱり、どのPの方からでもいい曲だ、って言われたいじゃないですか。

だって、担当の初のソロ曲だから。

 

まだ永塚さんのブログの更新は来ていませんが、夏来Pはひろメで救われた(このような言い方しか思いつきませんでした、ごめんなさい)のではないかなと思っています。

 

以下都合の良いガバガバ解釈を並べてます。

 

依存ともとれる旬と夏来の関係ですが、二人の世界があったのは紛れもない事実で、そのことがあったからこその今があると思っています。

通常号でも分かるように、軽音部に入るかどうか決め、誘ったのは旬。

コンテストに出るかどうか最終的に旬の後押しをしたのは夏来。

 

怪我ということがあったからこそ生まれた歪な関係だとしても、幼少期を二人で過ごし、多感な頃を育ったのには変わりは無い。

 

いつまでもいつまでも 近くで

その音色 輝きを聴いていたくて…

(中略)

少しでも支えられたらいいな…

キミが 楽しそうに笑うすがた

守っていけるようにと

高く青く澄んだ あの空へそっと…

願ったよ

 

(THE IDOLM@STER SideM ORIGIN@L PIECES 07

「ナツゾラRecords」作詞:結城アイラ 作曲・編曲:山元祐介)

 

My genuine feelings 指が踊るよ

後ろには揺れながら キミが聴いてる

だけど、どうしてなんだろう 胸の奥

まだなにか足りないもの あるような気がして

Uh…今日も探してる

 

(THE IDOLM@STER SideM ORIGIN@L PIECES 08

「Genuine feelings」作詞:結城アイラ 作曲・編曲:高田暁)

    ※引用方法等が不適切であればご連絡ください。

 

 

二人が二人の事を歌っているであろう部分を引用させて頂きました。

1番の歌詞が幼少期、つまり二人の世界しかなかった頃の話だとすると、見ている部分が違うんです。

精神的な奥深いところでは依存という言葉が当てはまるかもしれないとしても、歌詞上では夏来は旬を見、そして旬は夏来を見ているようで見ていないんですね。

 

でも、コンテスト前や星ライブ、比較的最近にあたるジョブチャレとかでも相談している相手は夏来で、どこかで"必要だ"と思っている節はあるのかもしれません。

 

なにかをずっと探していた。その答えが高校での軽音部であったのではないか、と思います。

頑なに母親の描写がないので、もしかすると父親の単身赴任に付いてきたのかな、とか、でも単身赴任であんなお屋敷みたいなところに住むのかなとか考えたりはしますが、自宅で弾いている様子の描写がないので(星ライブ雑誌では音楽室で弾いている?山梨にはピアノがある?)、隼人に出会うまで、二人で登校し二人で下校する、きっと刺激のない日々を過ごしてきたんだなあ、と。

 

一部分しか抜き出していないため、他にもリンクするような歌詞があるのではないかなと思っています。

深夜というか早朝に書いて、さっき起きたばっかりの頭で推敲ですいい加減にしてって感じですね

 

夏来も旬も、ハイジョーカーに出会って世界が変わって。

隣にいることは変わりないけれど、みんなの音が増えて成長していってるんだなあってようやく実感できました。

 

「変わっていくことが怖い」意訳ですが、そういった歌詞がありました。

水泳大会の信頼度Maxでは「変わっていく自分が怖い、でも楽しくもある」そう言ってくれていました。

その結果が正月ライブやアニマルライブに繋がっていると考えるとても胸に来るものがありますね。

今回のハロウィンイベは、以前よりは歩幅が大きくなったような気がしました。

雑誌名【指先は踊る】ってずるいですよ。

オリピ発売にこれかぶせてきてどうするんですか 運営どうにかしてますよ(褒め言葉)

 

サイバネCDと併せて聴くとまた泣きそうになるのでオススメします。

サイバネCDも買ってください。


曲のラストに進むにつれ、2ndの「yesだって証明しよう」の部分みたいに感じることありません…?私はあります。


試聴が始まった当初、【ミリの志保、デレのありす、Mの旬】と言われていました。ニコ動のコメントでは【全然in factじゃない】っていうものがありましたが、まあそうなんですよね。

in factよりも絵本寄りというかなんというか。

でも限りなくin factに近くて絵本に近い、冬美旬自身の事を歌った曲です。

何を言いたいのかわからなくなってきたのでこのへんでやめます…


 

こうして今文章を書いているから頭の中を整理できたように思います。

twitterでは殆ど愚痴しか言ってないですからね…ええ…

でもまあなんだかんだ言って試聴初めて聞いた時ボロ泣きしてたし、フル聞いても泣いてたのでね…

テノヒラクルーが大好きなので冷ややかな目で見てやってください。

シンデレラを引き合いに出したくはないんですけれど、2曲目からが本番ですよね、本番。

あと作詞家さん増やしてくれお願いだバンナムランティス

 

アニメもエムステも始まりましたね。

これからも冬美旬の成長をみるのが楽しみです。

今回も支離滅裂でごめんな!あばよ!!

 

全人類サイバネCDを聞いてください

Cybernetics Wars ZERO ~願いを宿す機械の子~発売おめでとうございます!!

世間はMライス一色なこの頃如何お過ごしでしょうか?

私はようやくリセマラが終わり、副業帰宅後よりオリピ上位を走りつつブログを書いています…2枚取り…できたらいいな…金なら積む…(金があるとは言っていない)

ただ単に感情にまかせて感想をつらつら並べているだけなので読みやすい文章では無いと思います。しかもイベ走りつつなので短いし、販促記事みたいなものでもないです。その辺を踏まえて下へどうぞ。

 

 

 

まず主役ってすごい。こんなに掘り下げてもらえるの?ってレベルでキャラクター像を掘り下げて貰いました…

超学で主役を務めさせて頂いたとはいえ、H×Jの冬美旬としてあの場に本人はいたと思うし、一人で他ユニットの方とする初めてのお仕事がこんな大役できつかっただろう、と。

それにドラマのプロモーションの為の”宣伝隊長”。ごめんね、重荷だったね…って思って泣きました。

助言を貰う、ということは柔道イベやジョブチャレ等で見ていましたが、本当にまっすぐなんですよ。

生放送を見ていたメンバーからの「かっこいい」というスマホに届いたメッセージ。それに対して「お世辞を書かれても嬉しくない」 そう言うんです(まあ失敗したと思ったことを褒められても誰も嬉しくは思わないのが普通だと思いますが)。

悔しそうな、そして泣きそうな、不安が読み取れるこのセリフ。本当に永塚さんが旬くんの担当声優でよかった、と心から思いました。

ここまで忠実に冬美旬の心情を表現出来る方っているとおもいます!?永塚さんしいないと思います。

 

 

ドラマCDって凄いですね。イベストと違ってSEがついて、BGMがついて。

アイドル同士のテンポ良い掛け合いが聞けて。担当が生きてる、って思いました。

悩みながらも成長していく。こんなに楽しんでアイドルをしてくれているのが本当に嬉しくて。

楽しんで、という言葉がこれほどまでに当てはまる事ってないですよね。

 

「お願いだ、僕を壊して」っていうADAMのセリフがあるんですが、なんでか分からないんですけど、毎回このセリフを聞く度に涙が出てくるんです。いや、ここ以外でも涙が出てくるのでいつものことですねPの涙腺はガバガバです。

 

***

 

私情なんですけれども、バラエティー番組がとてもとても嫌いなんですね。

だからとても不安だったんです。何とは言えないくらい語彙力と文章力がないのでその辺りはぼかしますが、公式と解釈違いにならないか、も不安要素の一部でした。

でも最終的にはずっと泣いてたので、解釈違いは無かったんだなあ…公式ありがとう…って気持ちでいっぱいです。

 

このCDはミリオンでいう、いわばTAみたいな位置づけのCDだと思っています。

たとえサイバネブーストがあったとしても、たとえ中の人が「アンドロイドやりたいな(意訳)」というブログを公開してくださったとしても、投票は投票です。

投票方法は違えど、総選挙みたいな物だと勝手に思っていました。

だからどんな形であれ、冬美旬くんに1位という称号を与えられたのがとても嬉しかったです。

 

初めての越境。初めてのドラマCD。初めてのイベストに沿った歌。

この企画の1つ目として、主役という大役を担当が務めさせて頂けたこと、本当に有り難く思っています。

拙い文章かつ深夜テンションで書いているので、このCDのどこが良いとか悪いとか全く分からない記事だと思いますが、是非お手にとって聞いて頂けると嬉しいです。

 

 

聞くところによると、品切れが多発しているみたいですね…発売日当日の地元のメイトも商品棚にはあと2枚しかのこっておりませんでした。

まだamazonさんには特典付きもあるようですので良かったら。

【Amazon.co.jp限定】 THE IDOLM@STER SideM「Cybernetics Wars ZERO ~願いを宿す機械の子~ (L判ブロマイド付)

【Amazon.co.jp限定】 THE IDOLM@STER SideM「Cybernetics Wars ZERO ~願いを宿す機械の子~ (L判ブロマイド付)

 

 

 

3周年。

なんかフォロワーさんみんなブログ書いててうらやましー!!!(???)ってなったので便乗させてもらいました。
ブログとかn年振りに書きますね~ヤ〇ログさんってところで一時期書かせてもらってました。
ブログ連携がかっこよく見えたんですよね、当時。
文章力のないオタクがグダグダと何か言ってるや~ぐらいの軽い気持ちで読んでいただけると嬉しいです。

面白くもなんともない文章なので、読むのが面倒だと思ったらすぐブラウザバックしてくださいね。

 

 

さて、本題。
改めましてアイドルマスターSideM3周年おめでとうございます!
重大発表と告知されて「コンテンツ終了!?」ってTwitterで騒いでたあの頃が懐かしい…

自分の中の整理も含め、記念にと、思ったままアイマスとの出会いを書いてたら長くなりました。

こんなに文字書いたのいつぶりだよ…
もしよければ是非お付き合い下さい。

 

***

私が正確にアイマスを知った時期は覚えていないのですが、【アイドル物】というだけで避けていたのを覚えています。
今HQ沼にいる友人にアニマスを勧められた双子の片割れが最初に沼に落ち、あれよあれよとしてるうちに私も足を引き摺られ沼にトボン。

「まさか二人揃って落ちるとは思ってなかった」と友人に言われました。

 

ツイフィに書いている通り、アニマスから入った人間なのでアーケードも経験していないし(田舎なので近くのゲーセンには置いてなかったと思う)、「ゲームは自分の金で買え」精神の家なのでハードもそこまで持っておらず。
去年あたりにvitaを購入したのでようやくSPをプレイしているのですが、お姫様ティアラのところは知っているはずなのに泣いてしまいました。
やっぱりいいな~ティアラ。
765プロさんのアイドルで"担当"と呼べる子がまだ居ないので、いつか担当ができたらティアラをあげたいです。

 

担当の多田李衣菜との出会いは、片割れにアイドル一覧を見せられたことが始まりです。
「この中だったら誰が好み?」「ジャケ絵はこれ!さあ選べ!」

 

ヘッドホンをつけている、というだけで選んだアイドルは、CDジャケットでは黄色のカッコいい服に身を包み、N+ではかわいい水色のワンピースを着ていました。

その時はふーん、くらいで終わらせてしまったのが悔やまれるが(片割れは既にモバマス始めていた)、やっぱり女オタクは女の子がいっぱいいるゲームより男がいるゲームを選ぶ!!!!!!(当社比)

 

――その頃井崎はモバマスには登録せず沼ってたボーイフレンド(仮)でCVマモのキャラと親愛を深め合っていた――

 

と、まあキャッキャしながら乙女ゲーをしていたらシンデレラアニメ化の告知。
そして小さい地元の本屋で貰ったアイマスの冊子にはなんとSideMの文字が。
「ウッソやんSideM!?Jupiter!?登録するわ」

実際に登録したのはシンデレラのアニメ化フライヤーを修学旅行の帰りのアニメイトで貰った後。

なぜそのタイミングだったのかは全く覚えていない…このポンコツが……

 

アニメ化に伴いようやくモバマスも登録して、エムデレ両方ともひっそりとポチポチやっていた(やり方が分からなかった上にデッキも弱かったのですぐに飽きた。立派なロクボ泥棒となる)ら、いつのまにかsidemの方ではワケ生が決まっており、ドラスタCVも発表され、気がついたらBeitとハイジョのCVが発表されていた……

 

 

いちおうログインはしてたんだよという強がり…まあ現在進行形で偉そうにツイッターで色んなことツイートしてますが立派な出戻りPなんですね…

 

 

閑話休題

いつどのタイミングで冬美旬の担当になったかを全く覚えて無くて。

だから最近ブログ更新されてるPさんいっぱいいるけれど出会いを覚えててうらやましいなあ…って。

 

片割れが最初に春名をフレポでゲットして、うらやましい~~!!って言って、なんだかんだ言いながら進めてたら四季くんのRをゲットして片割れに自慢して。

リダカが恒常R四季くんの時期もあって…

とまあその頃は冬美旬になんかこれっっっっぽちも興味が無く。

でもいつの間にか担当になってました。

某音楽番組でチケットブーストがかかっていたとはいえ、ランキングに入ったところを見れたのは本当に運が良かったなあと思ってます。

 

この頃は受験に対してあきらめも出てきた頃だったので(早い)、5月頃からしていたツイ禁を解除し、おもいっきりツイッターランドを楽しんでいました。

担当になって初めての冬美旬の上位、モードコレクションライブが来てしまい、デッキが弱くても助けを乞えるフォロワーもおらず…

なけなしのPエン突っ込んだけれどもやっぱり出ずに終わりました。

 

 

 

受験をあきらめかけていたとはいえ、親にはそんな姿は1ミリも見せられないので、泣く泣くデレ3rdと1stは見送りました。

案の定片割れと2週続けて家で死んでました。

今頃ライブあってるよ~~~いいなあ~~~~!!!なにも手につかねえ~~~!!!!って高3が二人してダダこねて親にキレられたのは良い思い出です。

 

 

 

 

運良く2ndはお席をご用意して貰うことが出来、自分でバイトして貯めたお金で初の遠征。

1日目は初の現地。

2日目はLV会場に後ろ髪を引かれながらずっと応援してきたとあるシンガーソングライターさんのライブに行き。

 

アニメ化なんてずっとあとだと思ってたし、ミリオンが先だと思い込んでいたので泣きました。

何に悔しくて泣いていたのかは本当に記憶がないのですが、「はやい、はやいよ」って言いながらライブ会場の最寄り駅のトイレで号泣してました。

その後永塚さんのブログが更新され、最初の文章だけで涙が出てきて。

あのときは情緒が不安定だったなあと今更ながらに思います。

 

現地後でいろいろ思うことあっただろうに号泣する井崎を介抱してくれたお蝉には感謝しきれません。

あのときは本当にごめん、ありがとう。

 

10月からはアニメが始まるし、ライスも事前登録始まったし。

山村が5時間くらいトレンド入りしたあの日からは考えられないくらい大きなコンテンツになったなあ…って思います。

 

最近といえば、サイバネゼロで 初の2枚取り称号を手に入れられて本当に嬉しいです。

超学の時は友人に誘われて旅行に行ってたので思うようにプレイできず課金も出来ず悔しい思いをしたので、頑張りました。アイテム課金は裏切らないなあって思いました。

但しガシャ、テメーはダメだ。

 

これからサイバネを除くと初めての一人での越境になるオリピイベがきます。

アワソンソロ以外の初めてのソロ曲がでます。

楽しみだと思う反面、とても怖いです。

デレの担当のソロ曲が良曲って言われてるので、エムの担当のソロ曲の評価が怖いんだなあって最近気がつきました。

 

気がついたら3000文字超えてました。

そろそろ終わりにしますね。

多田李衣菜については文章に出来るかはおいといて、語りたいことがたくさんあるのでまた更新できればいいなと。

 

 

 

 

 

 

気がついたら、アイドルマスターというコンテンツがなくてはならないものになってました。

アイマスってすごいなあ。